Biplanar 500e X線透視診断装置

放射線診断部門

Swemac Medical Appliances AB(スウェーデン/スウェマック・メディカルアプライアンス社)

今日増え続ける外科手術ニーズを満たすために設計された移動型X線装置 Biplanar 500e。その名の通り「Biplane」=「2平面・2方向(水平/垂直)」の透視撮影が可能なイメージングシステムにより,高度な臨床要件に応え,手術時間を大幅に短縮します。

Biplanar 500e X線透視診断装置

特  長

●異なる視点から患部を観察できる対称型のGスタンドにより,骨折部の正確な整復と,骨接合材料の最適な位置への挿入を可能にしました。

●固定設定で正面と側面2方向の高精度透視画像を,2つのLCDモニタに表示。方向の切り替えはフットペダルによる簡便操作が可能です。

●手術中のGスタンドの位置の再調整が不要で,時間の短縮と,放射線被曝量の軽減,容易なドレーピングで無菌性を高めるなど,手術室に求められる様々な要件をクリアします。

  • 販売名:Biplanar 500e X線透視診断装置
  • 製品仕様は予告なく変更することがございますのでご了承下さい。
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ