ImpactDose
CT 被ばく線量シミュレーションソフトウェア

CT Imaging
診断分野の患者被ばく線量管理のために CT 被ばく線量シミュレーションソフトウェア

ImpactDose は臨床で使用されるCT スキャナモデルとスキャンプロトコルにおいて,各臓器とその線量値についてすぐに近似の値を計算し,CT 検査における患者被ばく線量管理に対する情報を提供します。計算は,Monte Carlo 法により線量計算されたテーブルを使い,一般的なスキャナと選択された人体ファントム,選択されたスキャンプロトコルと範囲において,ImpactDose は予想される線量値の概算を表示します。性別と異なった年齢(新生児,1,5,10,15歳,大人)の12種類のファントムが用意されており,それぞれのファントムには,肥満度(BMI)を考慮することができます。診断参考レベルDRLの確認にもお使いいただけます。

主な機能と特長

機能

●12 種類(男女の新生児,1,5,10,15 歳,大人)の人体ファントム標準装備
●ICRP 26,ICRP 60、ICRP 103 の組織荷重係数をサポート
●一般的な臨床CT スキャナーによる線量評価
●小児CT 検査のための線量レベルの評価
●肥満患者のための線量レベルの評価
●身長,体重,年齢,性別,肥満度(BMI)等を考慮した個々の線量評価
●線量計算は,Monte Carlo ベース(Monte Carlo で計算されたテーブル使用)
●詳細線量レポート作成サポート

スクリーンショット

ソフトウェア

●使い易いグラフィカルユーザーインターフェース
●WindowsXP, Vista, 7, 8, 8.1 対応
●Native 32 ビットと64 ビットバージョン対応

関連製品はこちら

  • ImpactMC Monte Carlo 線量シミュレーションソフトウェア
CT Imaging
CT Imaging社(ドイツ)
http://ct-imaging.de/en/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ