RaySafe i2
リアルタイム被曝測定システム

RaySafe
医療従事者の被曝線量をリアルタイムで把握するために RaySafe i2 リアルタイム被曝測定システム

RaySafe i2は,リアルタイムで個人被曝線量を測定・表示するためのシステムで,タイムスタンプ付のデータは時・日・週・月・年など,必要に応じた形式で表示されるため,積算線量等の履歴管理にも有効です。医療従事者一人ひとりの被曝線量情報は,タッチ操作で自由に確認することができ,不必要な線量被曝を抑制する上で,各自が放射線防護のアクションをとる際の手助けとなります。RaySafe i2の標準パッケージには,i2リアルタイムディスプレイ×1点,i2個人線量計×4点,RaySafe i2被曝線量ビューアソフトウェア×1点,クレードル,保管ラックほか付属品が含まれています。
オプションとして,追加用のi2個人線量計やラック,i2被曝線量マネージャソフトウェアもご用意しています。

主な機能と特長

RaySafe i2リアルタイムディスプレイ

RaySafe i2リアルタイムディスプレイ

i2リアルタイムディスプレイは10.4インチのタッチパネル式スクリーンで,検査室内に設置して,通信範囲内にある全てのi2個人線量計と通信して,リアルタイムの線量を表示します。
個々のユーザ(つまりi2個人線量計)ごとに,現在受けている被曝線量の程度が,緑/黄/赤のバーグラフで表示され,バーの右横には積算線量値が表示されます。

RaySafe i2リアルタイムディスプレイの特長

RaySafe i2リアルタイムディスプレイの特長

タッチスクリーン上で,個人線量計の名前をタップすると,個人の被曝線量履歴に関する詳細情報にアクセスできます。

  1. 線量ダッシュボード上での総合的な被曝線量履歴
  2. 年間線量上限値と関連した,年次の個人被曝線量
  3. タイムスタンプに基づく指定日時での詳細な被曝線量記録
RaySafe i2個人線量計

RaySafe i2個人線量計

被曝線量を一秒ごとに測定記録する個人線量計です。
データはi2リアルタイムディスプレイにワイヤレスで転送されます。メンテナンスフリーで着用しやすく,自由にユーザ名を登録したり,色の選択が可能です。

RaySafe i2被曝線量ビューア

i2被曝線量ビューアソフトウェアは,クレードルにマウントしたi2個人線量計の設定管理や,個々の被曝線量情報の表示確認に使用します。個々の被曝線量履歴の表示のほか,ユーザ名の登録変更や被曝線量履歴のリセットが可能です。

RaySafe i2被曝線量マネージャ(オプション)

i2被曝線量マネージャは,被曝線量情報の解析やレポート作成,アーカイブなどの機能を持つオプションの管理用ソフトウェアです。i2被曝線量ビューアの機能に加え,LANまたはUSBメモリを通じて,複数のリアルタイムディスプレイから,複数の個人線量計の被曝線量情報を取り込み・管理することができます。

RaySafe
Unfors RaySafe AB社 (スウェーデン)
http://www.raysafe.com/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ