DigiPhant PT
陽子線治療装置用患者線量QA システム

iba
陽子線治療における患者線量QAを高速化するDigiPhant PT

IBA Dosimetry社のDigiPhant PTは,MatriXX PT 2Dアレイ検出器を水ファントム内で移動しながら,ペンシルビーム・スキャニング方式の陽子線治療ビームの水中での線量分布を,2Dないし3Dで測定可能なQAツールです。
MatriXX PT検出器は電動で水ファントム内を移動するので,水等価板状ファントムを都度組み替えながら深さを変更する手動方式と比較して,高速な患者線量QA測定が可能となっています。
2Dアレイ検出器には平行平板形電離箱を採用しているため,相対線量および絶対線量の測定に対応します。データの保存と解析にはIʼmRT MatriXXと同様にOmniPro-IʼmRTソフトウェアを用います。

主な機能と特長

高速な患者線量QA

電動駆動のため,手作業で板状ファントムを都度組み替える方式と比べて圧倒的に高速な測定作業を実現します。

専用設計の2Dアレイ検出器

X線IMRT検証ツールとして実績の豊富なIʼmRT MatriXX 2Dアレイ検出器をペンシルビーム・スキャニング方式の陽子線装置の測定用に改良した,専用設計のMatriXX PTを採用しています。

水中での2D/3D測定

2Dアレイ検出器を深さ方向に電動駆動するため,2Dおよび3Dでの測定が可能です。

相対線量および絶対線量評価

平行平板形イオンチェンバにより,相対線量および絶対線量での評価が可能です。

解析ソフトウェア OmniPro-IʼmRT

OmniPro-IʼmRTソフトウェア画面

測定結果の解析には,OmniPro-IʼmRTソフトウェアを使用します。

iba
IBA Dosimetry社(ドイツ)
http://www.iba-dosimetry.com/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ