Lynx陽子線治療装置QAシステム

iba
ペンシルビーム・スキャニング式陽子線治療装置のマシンQAに Lynx陽子線治療装置QAシステム

Lynxは,ペンシルビーム・スキャニング方式の陽子線治療装置のマシンQAを行うために,シンチレーション 検出器を利用したQAツールです。
実効入射面30×30cmのLynxに,QA用に作成された様々な2Dパターンを照射し,OmniPro-IʼmRTソフトウェアでQAプランとの線量分布誤差を解析することによって,治療装置の品質管理を可能にします。
0.5mm以下という分解能を持ちながら,現像処理や画像取り込みによる解析などで時間のかかるフィルム法に比べ,短時間で効率的な装置パラメータ検証を実現します。

主な機能と特長

●ペンシルビーム・スキャニング照射法に特化した設計

●実効分解能0.5mm未満のシンチレータを採用。入射面は30×30cm

●シングルショット,およびムービーモードでの測定に対応

●検証・解析にはOmniPro-IʼmRTソフトウェアを利用可能。
またDICOM RTエクスポートに対応

関連製品はこちら

  • Zebra+OmniPro-incline 陽子線治療装置用線量測定システム
  • DigiPhant PT 陽子線治療装置用 患者線量QAシステム
iba
IBA Dosimetry社(ドイツ)
http://www.iba-dosimetry.com/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ