1220型ArcCHECK

SUN NUCLEAR corporation
アーク照射/IMRT QA 用4D 円筒形検出器アレイ 1220型ArcCHECK

1220型ArcCHECKは開発当初からアーク照射とIMRTのQAを前提に設計されたQAソリューションです。ローテーショナルセラピーで用いられるアーク照射に対して,1386個の半導体検出器を円筒形ファントム内にらせん状に配列。360°どのガントリ角度からも常に一貫した等方位性が得られる測定ジオメトリを実現しました。

機能紹介

アーク照射に最適な円筒形デザイン

ArcCHECKの円筒形デザインは,どのガントリ角度でも照射ビームに対してBEVからの検出器ジオメトリが一定に保たれます。従来の2Dアレイのような角度による情報量の劣化や,検出器のシャドー効果の影響を最小限に,一貫性のあるデータをご提供可能です。また円筒形ファントムは,より人体に近い形状となっています。

患者プランQA

ArcCHECKは患者プラン検証ツールとして,RapidArc,VMAT,TomoTherapy,Pinnacle SmartArc等のアーク照射プランに加え,従来のIMRTおよび3Dコンフォーマル照射の検証に適しています。

線量測定とQAに適したSunPoint半導体検出器

半導体検出器は精度と再現性に優れ,分解能の高い測定を可能にします。ArcCHECKでは,MapCHECKシリーズで豊富な実績を持つSunPoint半導体検出器が採用されています。サンプリング時間50msにより,リアルタイムでのデータ取得が可能です。

ガントリ角度に関わらずBEVを一定にするHeliGridアレイ配列

ArcCHECKでは1386個のSunPoint半導体検出器をらせん状(HeliGrid)に配列。ガントリ角度に関わらずBEV(ビームズアイビュー)から常に一貫性のあるアレイジオメトリを実現しました。らせん配列により入射および射出線量が測定できるだけでなく,入射/射出側の検出器の重複を抑制し,照射野内の検出器密度の向上にも貢献しています。

SNC Patient ソフトウェア

SNCPatientはMapCHECKと共通の解析ツール・ワークフローを持つソフトウェアで,ArcCHECKからの測定値とTPSからのプランを比較検証することが可能です。ユーザ指定のPass/Fail クライテリアに基づき,ガンマ法やDTA,プロファイル比較などの解析ツールを使用できます。また大照射野のマージ機能や,測定データのエクスポートも可能です。

コントロールポイント解析機能

ArcCHECKには独自のバーチャル角度計機能があり,物理的な角度計を取付けることなく,±1°の精度で線量測定値からビームの入射方向を推測する,独立したガントリ角度計算を行います。
またコントロールポイント解析機能では,フルアーク,サブアークにおける各個別のコントロールポイント,もしくはユーザ定義による部分アークの解析が可能です。

簡単なハードウェアセットアップ

ArcCHECKではSun Nuclear社製品に共通のPDIを採用。電源/データケーブル1本を接続するだけで使用できます。内蔵水準器のLEDを確認しながら,測定時の水平セットアップも手早く行えます。重量16kgと比較的軽量で,運搬用カートが不要なほか,独自のユーザキャリブレーション手順は短時間で実施でき,分解や再組み立てといった手間も不要です。

DVH 解析(オプション)

オプションの3DVHソフトウェアでは,ArcCHECKによるQA結果に基づいて計算するDVHをプランDVHと比較することが可能です。新たに2次的な線量計算エンジンを導入する煩雑さは不要で,測定線量誤差が臨床的にどのように影響するかの情報を得られます。

関連製品はこちら

  • 3DVH 3D 患者線量検証ソフトウェア
  • 1177型 MapCHECK
SUN NUCLEAR corporation
Sun Nuclear 社(米国)
http://www.sunnuclear.com/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ