PerFRACTION 2D/3D
患者 QA ソフトウェア

SUN NUCLEAR corporation
治療前から最後の分割照射までの患者QAに ~PerFRACTION 2D/3D 患者QA ソフトウェア

放射線治療において,毎回の分割照射がプラン通りに行われたかを確認できることが理想的ですが,取り扱うデータ量が膨大になるため実現は困難でした。
PerFRACTIONはQAファイルの読み込み~加工~解析を自動で行い,データベースに結果を保存。
結果にエラーがある場合,自動的に通知Eメールが届きます。
シンプルなログインとダッシュボード画面で知りたい結果を閲覧でき,詳細はドリルダウンで確認。またデータごとにトレンドを把握できます。
「Accept」か「Reject」のいずれかの判定でQAを進めることができます。 自動キャプチャ→自動プロセス→自動アラート

主な特長と機能

特長

  • ●EPID画像の取得と解析を自動で行います。
  • ●サーバにインストールするウェブベースのソフトウェアのため,
    ネットワーク接続されたどのPCからも閲覧が可能。
  • ●事前検証と治療ビーム検証を実施。
  • ●EPIDで測定を行うQAソリューションは,独立性とエラー検知精度を高めます。

機能

Fraction 0

ファントム不要,治療前のIMRTのQAを独立して行い,EPID測定のストレスを軽減します。

Fraction n

毎回の分割照射に対するIn-Vivo QAの実施により,装置エラーと同様に,患者セットアップエラーを検知します。

ダッシュボード

PerFRACTIONダッシュボードでは,指定した期間内にすべての装置におけるすべての分割照射がサマライズ表示されます。エラーが検出された照射は赤色で表示されます。装置情報をクリックして患者リストを呼び出し,結果詳細を参照。

ダッシュボード

2D線量解析

2D QAタスク結果を出すため,すべての分割照射と予測画像,もしくはベースライン画像の比較が,事前定義解析設定を用いて自動計算されます。別の照射を選択すると結果がアップデートされます。

2D線量解析

3D線量解析

3D QAタスク結果を出すために,患者体内への計算と事前定義解析設定を用いた照射計画の比較が自動で行われます。ストラクチャに基づき,結果を精査します。

3D線量解析

クリニカルゴール

3D線量出力とクリニカルゴールを「Ideal」と
「Acceptable」の2つのレベルで比較。

クリニカルゴールは,

  • ・予め設定されているテンプレート
  • ・テンプレートのカスタマイズ
  • ・ユーザ作成のテンプレート

から選択が可能。

クリニカルゴール

トレンディング

治療装置の台数にかかわらず,患者の画像やストラクチャのトレンド把握をします。Pass/Failに関するトレンドを,ベースラインとコメントを含めて表示します。

トレンディング

関連製品はこちら

  • 1220型 ArcCHECK
  • 1177型 MapCHECK2
  • 3DVH 3D 患者線量検証ソフトウェア
SUN NUCLEAR corporation
Sun Nuclear社(米国)
http://www.sunnuclear.com/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ