I'mRT ファントム

放射線治療部門

IBA Dosimetry(ドイツ/IBAドジメトリー社)

IBA Dosimetry社の I'mRT ファントムは前立腺等へのIMRT(強度変調放射線治療)のQAに最適で,シンプルかつ柔軟な検証が行える,ゴールドスタンダードのボディファントムです。 モジュール化されたデザインは,各種の測定を任意の位置で行うことができる,優れた機構になっています。素材はアクリルよりも水に近い水等価ポリスチレン製で,人体ファントムとして最適です。

I'mRT ファントム

特  長

各部の線量評価

各部の線量評価
上写真のようにファントムスリットにフィルムを挟んで線量分布を測定します。(左写真はOmniPro-I'mRTソフトウェア)。立方体モジュール部分にカットフィルムを挟めば,任意の平面について線量分布を得ることができます。

イオンチェンバ等による吸収線量測定

イオンチェンバ等による吸収線量測定
立方体のモジュールに,ファーマーチェンバやマイクロチェンバ,半導体検出器を挿入して,吸収線量の測定ができます。 内部のブロックを入れ替えることで,任意の位置での測定が可能です。

立方体モジュール 立方体モジュール。単体では頭部検証用ファントムとして使用できます。

TLD,ガラス線量計での測定<

TLD,ガラス線量計での測定
TLD,ガラス線量計用のインサートモジュールを追加することができます。

  • 製品仕様は予告なく変更することがございますのでご了承下さい。
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ