Dosimetry Check
TomoTherapy 解析モジュール

Math&Resolutions'LLC
TomoTherapy 検出器によるInVivo Dosimetry を可能にするQA ツール Dosimetry Check TomoTherapy 解析モジュール

Dosimetry Check Tomo Therapy 解析モジュールは, 治療事前検証線量,または患者透過線量の計算をするためにTomo Therapy検出器を使用します。線量は,治療計画線量と比較表示し,患者CT 画像上で表示されます。

主な機能と特長

TomoTherapy検出器アレイ

TomoTherapy では,照射毎に毎回検出器で測定が行われています。
Dosimetry Checkでは, その検出器データ(サイノグラム)から治療事前検証,または患者透過線量を計算します。

線量分布比較

計算された線量分布は,治療計画線量(TPS)のものと治療事前検証線量(DC),または患者透過線量(DC)で計算されたものを患者CT画像上に重ねて表示します。

2D&3D 線量分布とポイント線量

線量分布表示は2Dと3Dとで表示されます。またあらかじめ設定したポイントでの治療計画線量と治療事前検証線量,または患者透過線量が表示され,治療計画線量との差も表示します。

DVH 比較

治療事前検証線量対患者透過線量,または治療計画線量におけるDVH比較が可能です。

アイソセンター線量プロファイル

アイソセンターの各面における治療計画線量と治療事前検証線量,または患者透過線量の線量プロファイルを表示します。

平面における3D ガンマ解析

治療事前検証線量対患者透過線量,または治療計画線量におけるDVH比較が可能です。

関連製品はこちら

  • COMPASS
Math&Resolutions'LLC
Math Resolutions社(米国)
http://www.mathresolutions.com/
お電話でのお問い合わせ
webフォームからのお問い合わせ