計測ナビ

放射線測定器・電磁界測定器
東洋メディック株式会社 環境事業部

計測ナビTOP > 技術情報 > JIS C 1910

JIS C 1910

人体ばく露を考慮した低周波磁界及び電界の測定一測定器の特別要求事項及び測定の手引き

日本工業規格JIS C 1910 : 2004 は、国際規格であるIEC 61786 : 1998(MeasurerTlent of low frequency magnetic and electric fields with regard to exposure of human beings - Special requirements for instruments and guidance forrneasurernents)を基に作成されており、技術的内容は同じものです。

低周波電磁界への人体ばく露に関する関心の高まりから、様々な測定器が開発されてきましたが、電力設備や家庭用電気製品など、電磁界の発生源は多種多様なものがあり、測定器の違いによる測定結果の数値の違いもありました。

低周波電磁界を測定する測定器の性能仕様に関する日本国内の規格として制定されたJIS C 1910 : 2004 では、15Hzから9kHzの周波数帯域における準静的な磁界および電界の定常状態における実効値測定に関する手引き、すなわち測定器の性能仕様の要求事項が記載されています。

低周波磁界の測定に際して、JIS C 1910 : 2004では、3軸の測定器を用いて合成磁界を測定することが望ましい、ISO 17025に適合した校正を実施することが望ましい、と記載されています。

SK-8301型3軸式低周波ガウスメータは、コンパクトでありながら、真の実効値で測定することができる測定器で、3つのコイルを搭載し、その合成値を表示します。IS0 17025に適合した、NVLAPでの校正証明書が添付されたモデルもあります。

また、Narda S.T.S.社製低周波磁界曝露レベルテスタELT-400型、低周波電磁界測定器 EFA-300型も、100cm2のコイル3つを同心に配置したセンサを持ち、合成値を表示しますので、JIS C 1910 :2004に準拠した測定に適用できます。

JIS C 1910 対応製品

  • ELT-400型 磁界曝露レベルテスタ

    ELT-400型 磁界曝露レベルテスタ

    JIS C 1910 規格対応EMF指令 2013/35/EU

    IEC/EN62233規格に適合。

    1Hz~400kHzの低周波磁 界強度測定器です。外部出力端子からの出力によりオシロスコープでの波形解析が可能。

  • SK-8301型 3軸式低周波ガウスメータ

    SK-8301型 3軸式低周波ガウスメータ

    JIS C 1910 規格対応

    3軸コイル検出器を採用した低周波磁界測定器で、40Hz~1000Hzの周波数範囲の磁界をμTまたはmG単位の真の実効値で測定する事ができます。

  • **EFA-300B、EFA-300型低周波電磁界測定器

    **EFA-300B、EFA-300型低周波電磁界測定器

    JIS C 1910 規格対応

    5Hz~32kHzの低周波用測定器で磁界強度ならびに 周波数分布測定が可能。オプションの電界センサを接続可能。
    環境電磁界測定に最適です。送電線、医療機器に。

    ※この製品は生産終了しております。
    ※機器に故障が無ければ校正サービスは継続して実施いたします。