計測ナビ

放射線測定器・電磁界測定器
東洋メディック株式会社 環境事業部

計測ナビTOP > 技術情報 > 鉛遮蔽

鉛遮蔽

食品の放射線セシウムのスクリーニング検査における測定誤差を抑える

放射線測定における鉛遮へいの必要性

2011年12月現在、食品の放射線セシウムのスクリーニング検査は、厚生労働省発表の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法について」に沿って行われています。このスクリーニング法には、「下限値が50Bq/kg以下であること」と言う測定条件が存在し、下限値50Bq/kg以下の条件を満たすためには、測定誤差を抑える必要があります。

測定誤差を抑えるための方法

  • 測定時間を長くする
    測定時間を長くすれば、測定誤差を小さく出来ますが、測定にかかる時間も長くなります。
  • 鉛遮へいを行いバックグラウンドを低減させる
    環境中の放射線(バックグラウンド)が高いと測定誤差が大きくなります。バックグラウンドを低減させると測定誤差は減少し、測定時間の短縮も可能です。

鉛遮へいをした場合の測定時間の短縮

測定例 1
  • 測定プローブ  :Model44-2型1インチサイズNaIシンチレーションプローブ
  • 測定ジオメトリ :アイボーイ2L広口ビンの液中にプローブを入れて測定
  • バックグラウンド:Model44-2型プローブで測定したとき1800cpm
  • サンプル    :2kg 水と同じ比重で充填率100%
  • 換算係数    :日本アイソトープ協会で算出
  • 計算方法    :厚労省通達「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」下限値算出の計算方法による。

<測定例 1の条件で、スクリーニング試験を行った場合>

バックグラウンドの遮へい方法 遮へい後の
バックグラウンド
下限値50Bq/kgを満たすための測定時間
サンプルの測定時間の目安 ブランクの測定時間の目安 トータルの測定時間の目安
遮へい無し 1800cpm 18分 18分 36分
鉛遮へい箱Model2L-01
(壁厚9mm)
500cpm 5.5分 5.5分 11分
鉛遮へい箱Model2L-02
(壁厚12mm)
400cpm 4.5分 4.5分 9分
鉛遮へい箱Model2L-03
(壁厚15mm)
250cpm 3分 3分 6分

 

測定例 2
  • 測定プローブ  :Model44-10型2インチサイズNaIシンチレーションプローブ
  • 測定ジオメトリ :880mLポリ容器底面にプロープを当てて測定。
  • バックグラウンド:Model44-10型プローブで測定したとき8200cpm
  • サンプル:880g 水と同じ比重で充填率100%
  • 換算係数    :JCSS校正付 880mL容器入密封線源で算出
  • 計算方法    :厚労省通達「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」下限値算出の計算方法による。

<測定例 2の条件で、スクリーニング試験を行った場合>

バックグラウンドの遮へい方法 遮へい後の
バックグラウンド
下限値50Bq/kgを満たすための測定時間
サンプルの測定時間の目安 ブランクの測定時間の目安 トータルの測定時間の目安
遮へい無し 8200cpm 55分 55分 110分
コリメータ 2400cpm 20分 20分 40分
鉛遮へい箱Model2L-01
(壁厚9mm)
2300cpm 15分 15分 30分
鉛遮へい箱Model2L-02
(壁厚12mm)
1800cpm 12分 12分 24分
鉛遮へい箱Model2L-03
(壁厚15mm)
1200cpm 8分 8分 16分

鉛遮蔽 対応製品