製品情報
PRODUCTS

SunCHECK プラットフォーム

インテグレーション(統合)とインディペンデンス(独立性)

今日の多忙な放射線治療部門において,複雑化するQA業務と安全性の両立は重要な課題です。
SunCHECK 2.0は独立性を確保した,統合QAソリューションとして,作業負荷とQAの信頼性のバランス確保に貢献します。

SunCHECKプラットフォームは,従来はQAデバイスごとに分かれていたアプリケーションを1つのプラットフォームに統合。
装置QAと患者QA,それぞれのアプリケーションを1つのインターフェースにまとめることで,ワークフローを効率化し,必要な情報へのアクセス性を高めています。

この製品に関してお問い合わせ

機能・特長

QAプラットフォームのメリット

放射線治療QAに必要なソリューションを1つに統合

患者QAデータと装置QAデータを1か所で管理することで,複数のアプリケーション間を行き来するような時間を節約。QA結果を相互に参照しやすくなることで,エラーの兆候に気づきやすくなります。

オートメーションによる効率性アップ

ネットワーク上で常時稼働するサーバにより,データ取得や解析などのプロセスの多くを自動化。手作業にかかる時間が節約できるため,結果の解析や臨床的な判断,業務改善などにより多くの時間を使えるようになることが期待されます。

任意の端末からアクセス可能

Webブラウザーベースのプラットフォームは,ネットワーク上の任意のコンピュータからホームページを見るように簡単にアクセス。作業場所を選ばず,部門内での情報共有も容易になります。

臨床ワークフローへのシームレスな統合

一度セットアップが完了したら,装置QAから患者QAまで一連のQA業務にシームレスに統合されます。各施設様ごとに,オンサイトでのセットアップをサポートいたします。

SunCHECK 2.0 特長

ダッシュボード画面では患者QAやマシンQAの結果をサマリー表示。結果の確認や承認をタイムリーに実施できます。
Transit Dosimetry:SunCHECK Patient Measurementパッケージでは,治療計画に対して治療時のセットアップや動きに起因する誤差を2D絶対線量で評価できます。

SunCHECK MachineではマシンQAに必要なTG-142テンプレートがあるので,導入後すぐに利用開始できるほか,ニーズに合わせたカスタマイズが可能です。
測定デバイスとの接続:自動作成された日次,月次,年次QA項目について,Sun Nuclear社DailyQA3やIC PROFILERを接続し測定可能。結果はSunCHECKデータベースに直接保管されます。

カタログダウンロードには
以下の必要項目にご入力をお願いいたします。

施設名/会社名
職業
ご担当者名
住所
お電話番号
メールアドレス

個人情報保護方針をご確認・ご理解いただき、
チェックマークをつけてからお進みください。

ユーザー様の声

コラム