計測ナビ

放射線測定器・電磁界測定器
東洋メディック株式会社 環境事業部

計測ナビTOP > 技術情報 > EMF指令 2013/35/EU (DIRECTIVE 2013/35/EU)

EMF指令 2013/35/EU (DIRECTIVE 2013/35/EU)

- 物理的作用因子(電磁界)から起こるリスクへの労働者の曝露に関する最低限の健康および安全要求 -

EMF指令2013/35/EU  -物理的作用因子(電磁界)から起こるリスクへの労働者の曝露に関する最低限の健康および安全要求-は、労働環境において電磁界への曝露によって起こる、もしくは起こる可能性のある健康と安全に対するリスクから労働者を保護するための最低限の要求を定めるものです。

曝露限度値とアクションレベルが定められ、雇用主の責任として、リスクの評価と曝露測定、リスクの除去または低減、情報提供や訓練などを義務付けています。EU加盟国は2016年7月1日までに国内法等で整備しなければなりません。

この指令では、300GHzまでの周波数範囲における電磁界が対象となっています。定められる物理量・曝露限度値(ELVs:Exposure Level Values)とアクションレベル(ALs:Action Levels)は、国際非電離放射線防護委員会ICNIRPの勧告に基づくものです。 曝露限度値(ELVs)は、生物物理学的および生物学的な検討に基づいて科学的に確立された短期および急性の直接的影響、すなわち熱的影響および生体組織の電気的刺激に基づいて設定された値です。ELVsには健康影響ELVsと感覚影響ELVsがあり、健康影響ELVsは労働者が熱的加温または神経および筋肉組織の刺激など有害な健康影響を受けやすいかもしれない値、感覚影響ELVsは労働者が一過性の知覚障害または脳機能の微小変化を受けやすいかもしれない値です。

アクションレベル(ALs)は、関係するELVsの遵守を簡易的評価により保証するために設定されたもので、この指令で定められた防護または防止対策を講じるための運用上のレベルです。ALsには高ALsと低ALsがあり、低ALsの値はICNIRPの職業曝露参考レベルと同等です。ALsを超えていないことが実証されればELVsを遵守しているとみなされます。

特に低周波領域での非正弦波電磁界の場合、曝露評価は加重ピーク法に基づきます。時間領域でフィルタリングを行う加重ピーク法による評価は、Narda S.T.S.社の「ELT-400型磁界曝露レベルテスタ」、「EHP-50F型低周波電磁界測定器」で実現できます。

 

関連リンク

 

EMF指令 2013/35/EU (DIRECTIVE 2013/35/EU) 対応製品

  • ELT-400型 磁界曝露レベルテスタ

    ELT-400型 磁界曝露レベルテスタ

    JIS C 1910 規格対応EMF指令 2013/35/EU

    IEC/EN62233規格に適合。

    1Hz~400kHzの低周波磁 界強度測定器です。外部出力端子からの出力によりオシロスコープでの波形解析が可能。

  • EHP-50F型 等方性電磁界測定器

    EHP-50F型 等方性電磁界測定器

    EMF指令 2013/35/EU

    EHP-50F等方性電磁界測定器は、1Hzから400kHzの周波数範囲における電界および磁界の周波数解析および重みづけピーク測定が可能な等方性電磁界測定器です。