製品情報
PRODUCTS

1178型MapCHECK3

IMRT QA用2D検出器アレイのスタンダード機, MapCHECK2の進化形

MapCHECK3は, IMRT QA用の2Dアレイとして, 検出器密度, ミニマムな検出器サイズ, そして広い照射野サイズを提供します。
1527個にのぼるSunPoint2半導体検出器は, ひとつの検出エリアが0.23mm2で, 26×32cm照射野までの測定に対応します。
SNC Patientソフトウェアは, QA測定結果とプランの高速解析を実現します。

この製品に関してお問い合わせ

機能・特長

特長

SunPoint2半導体検出器の採用

小サイズ(0.007cm3)のSunPoint2半導体検出器を1527個配置。高い感度と,ドリフトの低減をサポート。

効率的で使いやすいSNC Patientソフトウェア

お使いの治療計画装置(TPS)からQAファイルをシンプルにインポートすれば,治療プランファイルの線量分布と,実際の測定値をSNC Patientソフトウェア上で比較可能です。

従来のIMRT QAに加え,VMAT照射にも対応

MapPHAN(別売)との組み合わせによりによりVMATプラン検証にも対応します。

短時間で簡単なセットアップ

持ち運びやすく,電源/データケーブル1本の簡単接続です。

ユーザキャリブレーション

臨床的に実証済みのWide-field Calibrationは,ユーザ施設内で実施可能で,MapCHECK3デバイスの分解組み立てなどが不要

豊富なオプション群による高い拡張性

MapPHAN, SNC Patientなどのハードウェア/ソフトウェアオプションの追加により,導入後も用途拡張が可能です。

機能について

線量測定とQAに適したSunPoint2半導体検出器

半導体検出器はイオンチェンバと比較して,分解能の高い測定が可能なため,急峻な線量勾配を含むIMRT照射野の検証に適しています。MapCHECK3にはMapCHECKシリーズで豊富な実績を持つSunPoint2半導体検出器が採用されています。サンプリング時間50msにより,リアルタイムでのデータ取得が可能です。

SNC Patientソフトウェア

SNC PatientはArcCHECKと共通の解析ツール・ワークフローを持つソフトウェアで,MapCHECK3からの測定値とTPSからのプランを,マウスクリック1回で比較検証することが可能です。ユーザ指定のPass/Failクライテリアに基づき,ガンマ法やDTA,プロファイル比較などの解析ツールを使用できます。また大照射野のマージ機能や,測定データのエクスポートも可能です。

豊富なオプション群(別売)

MapPHAN

MapCHECK3をRapidArc,VMATおよびTomoTherapyのQAに対応させるための水等価ファントムです。 セットアップも簡単で, コロナル面およびサジタル面での測定に対応します。

IMF

ガントリマウントによりMapCHECK2をアイソセンターにポジショニングし,任意のガントリ角度での測定を可能にするマウントデバイスです。

カタログダウンロードには
以下の必要項目にご入力をお願いいたします。

施設名/会社名
職業
ご担当者名
住所
お電話番号
メールアドレス

個人情報保護方針をご確認・ご理解いただき、
チェックマークをつけてからお進みください。

関連製品

ユーザー様の声

コラム