製品情報
PRODUCTS

I’mRT ファントム

IBA Dosimetry社のI'mRT ファントムは前立腺等へのIMRT(強度変調放射線治療)のQAに最適で,シンプルかつ柔軟な検証が行えるゴールドスタンダードのボディファントムです。モジュール化されたデザインは,各種の測定を任意の位置で行うことができる,優れた機構になっています。素材はアクリルよりも水に近い水等価ポリスチレン製で,人体ファントムとして最適です。

この製品に関してお問い合わせ

機能・特長

特長

・ 体幹部はもちろん,頭頸部や定位治療の線量検証でも最大限のフレキシビリティを 得られるモジュール構成
・ フィルム法とイオンチェンバによる絶対線量,TLD(ガラス線量計)の検証
・ 複数のフィルムを照射
・ RW3 水等価製(密度1.045g/cm3
・ リニアックやCT 装置での調整も短時間で簡単に

体幹部検証

I'mRT ファントムは体幹部の形状をしたセクションが含まれており,大サイズのIMRT 照射野用に最大15 枚までのフィルムを同時にセットすることができます。フィルムの線量分布と治療計画装置の計画データとの比較は,そのままmyQA Patients ソフトウェアで行うことができ,IMRT 照射サイクルの正確な検証が可能です。

頭頸部/定位治療の検証

モジュール化されたI'mRT ファントムには,取り外し式の立方体ファントムが含まれており,頭頸部と定位放射線治療専用に設計されています。
立方体表面には異なる色でマーカーが刻まれており,リニアックやCT装置での位置合わせも簡単です。1cm 厚のフィルム間プレートを用いて,最大16 ×16cm サイズのフィルムを15 枚まで,縦横高さ(トランスバース,コロナルおよびサジタル)の各方向へ配置することができます。フィルムを暗室内で装填する代わりに,ラジオクロミックフィルムを用いることができます。立方体ファントムを胴体部に取り付けすると,人体の形状になります。

イオンチェンバ等による吸収線量測定

立方体のモジュールに,ファーマーチェンバやマイクロチェンバ,半導体検出器を挿入して,吸収線量の測定ができます。内部のブロックを入れ替えることで,任意の位置での測定が可能です。

立方体モジュール。単体では頭部検証用ファントムとして使用できます。

TLD,ガラス線量計での測定

TLD,ガラス線量計用のインサートモジュールを追加することができます。

カタログダウンロードには
以下の必要項目にご入力をお願いいたします。

施設名/会社名
職業
ご担当者名
住所
お電話番号
メールアドレス

個人情報保護方針をご確認・ご理解いただき、
チェックマークをつけてからお進みください。

ユーザー様の声

コラム