製品情報
PRODUCTS

高精度放射線治療計画装置 Brainlab® Elements/iPlan®

精巧な定位放射線治療計画を実現

Brainlab Elements/iPlanは頭部、体幹部の定位放射線治療・強度変調放射線治療(IMRT)に優れた治療計画装置です。

病変部・危険部位抽出ソフトウェアBrainlab Elements/iPlan® RT Imageと,線量計算ソフトウェアBrainlab Elements/iPlan® RT Doseの2つにより構成されます。
ワンタッチでMR,CT,PET,その他の画像をイメージフュージョンで自動的に重ね合わせ,オートセグメンテーションにより 危険臓器の輪郭を自動的に作成し,豊富な画像表示・輪郭描写ツールにより,素早く病変部を特定できます。
これにより,従来,スライスごとに行っていた輪郭作成作業を大幅に軽減し,直ちに線量計画にとりかかることが可能です。
また,高精度放射線治療を包括的に治療計画する場合はiPlanをご使用いただき,特定の疾患(例えば、多発性転移性脳腫瘍やAVM 等)を限定的に治療計画する場合はBrainlab Elementsをご使用いただくことで,より快適な治療計画を行うことが可能となります。

販売名:iPlan ステーション
一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション
承認番号:22000BZX01548000

販売名:iPlan RT放射線治療計画装置
一般的名称:放射線治療計画プログラム
承認番号:30200BZX00100000

販売名:エレメント
一般的名称:放射線治療計画プログラム
承認番号:30100BZX00108000

製造販売元:ブレインラボ株式会社

製品の仕様は予告なく変更することがあります。

この製品に関してお問い合わせ

機能・特長

Brainlab Elements/iPlan® RT Image(病変部・危険部位抽出ソフトウェア)

洗練されたImage Fusion アルゴリズム

CT,MR,PET,SPECTの画像を全自動フュージョンします。
外科手術の世界で洗練されたフュージョンアルゴリズムにより,ストレスのない作業環境を提供します。

オートイメージフュージョン機能

コンピュータが自動的に輪郭を作成

高精度放射線治療では,1mmスライスのCT画像やMR画像を大量に扱うことになります。しかし,放射線被曝を避けたい危険臓器の輪郭を1スライスずつ描出するのは,処理時間を考えると合理的ではありません。これに対してAutomatic Segmentation機能により,輪郭設定作業をわずか数分に短縮してくれるので,より効率的な治療が可能になります。

Automatic Segmentation機能

優れた輪郭修正ツール

Automatic Segmentationにより作成された臓器の輪郭を,Axial,Coronal,Sagittal画面上で三次元的に修正可
危険臓器の形状を直感的な操作で修正することができるので,輪郭作成時間を大幅に削減します。

スマートブラシ機能

DICOM RTによる輪郭情報の外部出力

作成した輪郭情報をDICOM RT Structure export機能により,他の治療計画システム(例:バリアン社製 EclipseTM)に送ることができます。

Brainlab Elements/iPlan® RT Dose(線量計算ソフトウェア)

多彩な治療計画に対応

サーキュラーアーク,コンフォーマルアーク/ビーム,ダイナミック・ コンフォーマルアーク,コンポジットアーク/ビーム(これらの照射方法を組み合わせた治療計画),IMRT,HybridArc®による治療計画に対応しており,多様な治療計画が作成できます。

サーキュラーアーク治療計画

X線モンテカルロ法に対応

XVMCモンテカルロ法による線量計算アルゴリズムを装備。肺野など,密度が不均質な領域において,線量計算精度が向上します。

強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiation Therapy)

難しいと言われるIMRTの治療計画をiPlanがやさしくナビゲートします。最適化計算によって,危険臓器やターゲット(腫瘍)の優先度を考慮した4種類の治療計画を自動作成できるので,よりシンプルにIMRTの治療計画が作成できます。

強度変調放射線治療(IMRT)

HybridArc

HybridArcでは,まずダイナミックコンフォーマルアークにより,アイソセンターを中心とした部位に線量を投与します。さらに,固定IMRTにより腫瘍辺縁部に投与するという組み合わせで,適切な線量分布を実現します。従来の技術を組み合わせることにより,特別な物理検証作業が不要です。

Elements Multiple Brain Mets SRS

Elements Multiple Brain Mets SRSは,単一のアイソセンターで多発性転移性脳腫瘍を同時に治療するために,一貫した定位放射線治療計画を迅速に作成します。

Elements Multiple Brain Mets SRS

Elements Cranial SRS

Elements Cranial SRSは,頭部の定位放射線治療に特化し,VMAT(強度変調回転放射線治療)を用いて治療計画のプロセスを最適化した効率的な治療計画ソフトウェアです。(適応症例: AVM,下垂体腺腫,聴神経腫瘍,髄膜腫,大型の転移性脳腫瘍など)
頭蓋内のリスク臓器(OAR)を自動検出でき,4π最適化アルゴリズムがアークの照射軌道を最適化します。

Elements Cranial SRS

Elements Spine SRS

Elements Cranial SRSは,転移性脊椎腫瘍に対する体幹部定位放射線治療に特化し,VMAT(強度変調回転放射線治療)を用いた包括的な治療計画ソフトウェアです。脊椎の弯曲補正,国際的ガイドライン*に準拠してGTV からCTV を自動的に描出,PTV への線量投与とOAR の保護を両立する標的定義機能を備えています。

*International Spine Radiosurgery Consortium Consensus Guidelines

Elements Spine SRS

カタログダウンロードには
以下の必要項目にご入力をお願いいたします。

施設名/会社名
職業
ご担当者名
住所
お電話番号
メールアドレス

個人情報保護方針をご確認・ご理解いただき、
チェックマークをつけてからお進みください。

関連製品

ユーザー様の声

コラム