サポート
SUPPORT

放射線治療用線量計の電荷校正(電位計校正)

放射線治療用線量計の分離校正

従来,検出器と線量計(電位計)を一体にした状態で校正されていましたが,「放射線治療用線量計に用いられる電位計のガイドライン(日本医学物理学会)」により,電位計の性能要件が定まり,検出器と線量計(電位計)を別々に校正することが可能となりました。

当事業所では分離校正のうち,放射線治療用電位計の電荷校正について,平成30年5月31日にJCSS/MRAの認定を受け,同年8月より校正サービスの提供を開始しました。

画像

画像

分離校正のメリット

一体型で校正の場合,検出器の追加,故障などが有った場合,線量計も校正に出す必要がありましたが,分離校正であらかじめ電位計校正を実施していると,検出器のみ校正すれば,御使用可能です。

校正可能機種・校正ポイント

校正可能機種 測定レンジ 校正点(16点)

RAMTEC Smart
RAMTEC Solo
RAMTEC Duo

L

±1 nC,±5 nC,±10 nC

M

±5 nC,±50 nC,±100 nC,±250 nC,±500 nC

※上記以外の機種の校正は当社技術部門にご確認下さい。

※校正点の変更はできません。

お問い合わせ
CONTACT US

医療関係のお客様

  • 東洋メディック株式会社
    東京本社 東日本技術部技術1課03-3268-0316
  • 東洋メディック株式会社
    大阪支店 西日本技術部技術1課06-6441-5742
  • 東洋メディック株式会社
    名古屋支店 西日本技術部名古屋技術課052-561-8701
  • 東洋メディック株式会社
    福岡支店 西日本技術部福岡技術課092-482-2022

医療関係以外のお客様

  • 東洋メディック株式会社
    環境事業部 計測課03-3513-7403

JCSS認定登録範囲

認定番号 0333(JCSS 0333)
事業者名 東洋メディック株式会社 計量計測部 計量校正課
区分 電気(直流・低周波)
恒久的施設で行う校正/現地校正の別 恒久的施設で行う校正
恒久的施設の名称 東洋メディック株式会社 関口テストラボ 校正室
校正手法の区分の呼称 直流・低周波測定器等
種類 電荷測定装置
校正範囲 ±1 nC,±5 nC,±10 nC,±50 nC,±100 nC,±250 nC,±500 nC
最高校正能力(信頼の水準約95 %) 0.15%

当社計量計測部計量校正課は,認定事業としてISO/IEC 17025 (JIS Q 17025) を用い,認定スキームをISO/IEC 17011 に従って運営されているJCSSの下で認定されています。

JCSSを運営している認定機関 (IAJapan) は,アジア太平洋試験所認定協力機構 (APLAC)及び国際試験所認定協力機構 (ILAC) の相互承認に署名しています。

当社計量計測部計量校正課は国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0333 は当事業所の認定番号です。